空き家などの一戸建てを売る場合

空き家などの一戸建てを売る場合、物件をチェックするために、必ず買い手の内覧が実施されます。
売り手として物件のアピールポイントを明確にしておくことで、今後の交渉に役立ちます。

 

まず、物件価格を調べるために一戸建て売却サイトを活用しておくと便利です。

 

空き家であっても物件のアピールポイントを考えていきましょう。
目に見えるアピールポイントや、暮らしてみて初めてわかる長所をリストアップしていきます。ずっとマンション暮らしだった人にとって、一戸建てのイメージを伝えることで十分強力なアピールとなります。例えば、日常の生活音が、他の部屋にどの位に響いて聞こえるのかなどを伝えるのは効果的です。

 

その他、公共交通機関の利用や、日々の買い物をする際の利便性を伝えるのも良い切り口です。時刻表、地図などだけからは分からない、住んでいた人だけが知っているようなワンポイント情報を伝えましょう。

 

良い部分だけ強調するのは逆効果である場合もあります、そんなに良いものをなぜ売りに出すのかと質問されてしまうかもしれません。好印象を得るためにもちょっとした不便さであれば伝えても良いでしょう。
例えば一戸建ての階段の掃除は面倒であることなどを正直に話すことで、信憑性が増しメリットが伝えやすくなります。
家を売る無料査定【売却価格を下げない不動産業者選びのコツ】

 

空き家であっても手を抜かない

一戸建てを売る場合に、家の状態を買い手に開示します。買い手としては建物をしっかりチェックする機会ですので、細かいところも見られると覚悟してください。

 

好印象を買い手に持ってもらうためには、日々の生活におけるメンテナンスが重要です。いかに家を大事にしてきたかその結果が、細かいところに現れるのです。

 

空き家の場合でも屋根、外壁の状態は外見を見ただけで状態をチェックすることができます。家の中についても、見落としがちなポイントを確認してみましょう。

 

マメな掃除、換気、結露対策など日々の生活の積み重ねの努力が、一戸建てを傷めないために重要なポイントです。庭やベランダも、買い手にとっては気になる箇所です。空き家であっても手を抜かない気配りが大切です。

 

居住者の扱いによって一戸建ての状態は大きく変わってきます。他人に自分の家を見せることを前提に、長所、欠点を挙げるとなると意外に難しいかもしれません。そんなときは無料でできる家売却サイトで不動産会社にみてもらいましょう。

 

また、友人など第三者にチェックしてもらうと見落としが少なくなります。気付いていなかった欠点を指摘されたら、すぐにでもメンテナンスを行ってください。大事なポイントとなることが多いものです。

 

積算法と取引事例比較法

一戸建ての売却価格を決めるためには、まず家を売るサイトなどで無料査定します。
また依頼する業者の査定方法について気になると思います。業者の担当者が適当に価格を決めているわけではなく、そこにはある判断基準があるのです。

 

マンションの価格は、他の部屋の価格からほぼ売却価格が推測できます。一戸建てについても、建売りで同タイプのものが数軒あれば参考になります。しかし、一般的には一戸建ての査定は業者でも差が出やすく難しいようです。

 

一戸建ての査定方法には、積算法と取引事例比較法の二つがあります。

 

(1)積算法は、土地と建物を別のものとして扱います。土地部分は、道路に接している部分の長さが重要になってきます。建物部分については、建物価格を査定する上での建築費用と築年数が重要なファクターとなります。
(2)取引事例比較法は、売る土地などの物件周辺にある類似物件を探し比較します。

 

建物の築年数が多い場合、積算法での建物価格はゼロになります。その一方で取引事例比較法であれば、取引事例での価格が参考になります。

 

ここで紹介した二つの方法は机上査定であり参考データとなります。現地の土地、建物を実際に訪問査定した場合、机上では測れない要因が加わり査定価格も変わってきます。

 

土地の価格査定の検討時間を短縮

土地売却の検討に、インターネットやパソコンを利用するとなると、ハードルが高くて利用しにくいと考える人も少なくありません。特に土地取引を検討するような方は、年齢が高い方が多い傾向にありますので、パソコンを利用することに抵抗があるようです。

 

敬遠しがちなパソコン利用ですが、それによって土地の売却価格が変わってくるとなると話は別ではないでしょうか?売却価格が少しでも高くなるかもしれないのですから、苦手なパソコンにもチャレンジしてみようと思うのです。

 

業者の違いによって土地売却の査定価格に差が出ることは良くあることです。住所など地域性による差が出る場合もありますが、業者による独特の評価基準の違いにより、評価額が異なるのは通常のことなのです。

 

売る側としては、少しでも高い査定結果を得られるように、複数の不動産屋へ何度も依頼に行くのは大変な労力です。できることであれば、土地売却の手続きを効率的に進めたいものです。

 

そんなとき、不動産売却・一括査定サイトを利用することで、手間だった土地の価格査定の検討時間を短縮することができます。そのようなサイトでは、一度物件情報を入力することで、複数の不動産会社へ査定を依頼できます。

 

土地に関する情報が準備できていれば、すぐに査定依頼を業者に対して出すことができます。無料ですので気軽に利用でき、入力作業も1分程度で済むので簡単です。

売りやすい時期を狙う

マンションを売る際に、売りやすい時期を狙うことを、アドバイスとして受けることがあります。しかし、時期の影響は減少しつつあるのです。

 

マンションの売りやすさが時期の影響を受けなくなってきた理由
1)ファミリー層の減少
2)インターネットの普及

 

ファミリー層の減少により単身世帯、子供のいない夫婦世帯は、引越しの時期にこだわりがないのです。休みの取れるタイミングについても、一定の時期とはなりにくいのです。

 

インターネットを買い手が利用するようになりました。これがマンションの売却時期に影響しているのです。普段の生活で情報収集にインターネットを利用する人は、マンションの売却のための情報集めもインターネットで行います。

 

インターネットを利用して、情報を常にモニタリングし、良い物件を探し続けるのです。良い物件が見つかれば購入するというようなスタンスで納得いくまで探すことができます。

 

時期に影響されないマンションの売却は、売ると決めた時が売り時と言えるのです。買い手は、十分な吟味をして購入の打診をしてきます。そんな買い手に対して、不動産会社の担当者と協力しながら、価格交渉を有利に進めて、売買契約の成立を目指していきましょう。

不動産屋に査定を依頼

マンションを売却しようと決意しても、どのような手続きをとれば良いのか困る人も少なからずいます。一生のうちに何度も家を売却する機会に遭遇しないでしょうから、戸惑うのは無理もない話なのです。まず何をすべきか確認していきましょう。

 

売りに出す土地、建物の価値を知るために、物件周辺の土地、建物の相場価格を調べてみてはいかがでしょうか?

 

より高く売却できるように、どんな工夫ができるか考えるのも良いでしょう。しかし、何よりも専門の業者への査定依頼が必要です。

 

家を購入するときに利用した不動産屋に査定を相談するケースが多いようです。信頼がおける業者ですので、相談しやすいからです。そこまでは良いのですが、不動産査定を一箇所で止めてしまう人がいます。

 

本来は複数の不動産屋に査定を依頼するのが望ましいのですが後回しにしがちです。不動産屋にコンタクトをとる手間がかかることや、住み替えのための住居探しに時間をとられるなどの理由があるからです。売却手続きを早く進めたいという気持ちのせいであるかもしれません。

 

そのようなとき、インターネットのマンション売却サービスを使うことで、複数の不動産屋に査定を申し込むことができます。時間や距離の制約のある人でも、簡単に複数の業者に査定を依頼しましょう。査定結果を比較することでより条件の良い業者を選択することができからです。

 

インターネットで便利なサービスを利用できる時代です。利用したことがない方も是非利用してみてください。